FC2ブログ
Lady Soul LEO web
     ディープ・ソウル・シンガーLEOの web site   
Lady Soul LEO weblog
ディープ・ソウル・シンガーLEOの音楽日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-) TOP▲ |
トム・ダウド/いとしのレイラをミックスした男
 アトランティック・レコード、スタックス・レコードなどで、エンジニアおよびプロデューサとして、数々のアメリカ音楽の名作を作り上げたトム・ダウドの自伝を元にした映画。
 さる方のご好意により、一足お先に試写会を見せていただきました。
 
*3/20に一般試写会もあります。 応募はこちら↓(3/9〆切)
http://www.uplink.co.jp/news/log/001081.php


■トム・ダウド/いとしのレイラをミックスした男
原題: Tom Dowd & The Language Of Music 
(マーク・モーマン監督/2003年/アメリカ/90分)
2006月4月1日より渋谷UPLINK Xにてロードショー。他全国順次公開。

http://www.uplink.co.jp

tom_f.jpg 1925年、ニューヨークで、ソプラノ歌手の母と舞台監督の父のもとに生まれたトム・ダウドは、音楽の才能(バンドでベースおよびチューバを演奏)を示しつつも、数学・物理学の才能にも秀で、何と16歳で高校を卒業してから20歳まで、コロンビア大学で国家機密である原子爆弾製造の研究にも参加したという経歴を持っている。しかし、終戦後、復学して核物理学者の道を歩もうとした彼にとって、大学の授業レベルはあまりに低く、またかつての研究の機密性が壁になったこともあり、研究者の道を捨て、音楽業界へのキャリアを得ることになった。
 1949年、アルバイトの身分ながら、アイリーン・ハートンのヒット曲『If I Knew You Are Comin'』のレコーディングにおいてエンジニアとしての手腕を発揮した所から、彼のキャリアは始まる。
 その後、長いキャリアの中で彼がエンジニアまたはプロデューサーとしてレコーディングを手がけたのは、この映画で名前が挙がった人だけでも、ジョン・コルトレーン、オーネット・コールマン、ディジー・ガレスピー、セロニアス・モンク、ティト・プエンテ、ボビー・ダーリン、ルース・ブラウン、ジョー・ターナー、レイ・チャールズ、ドリフターズ、コースターズ、クローヴァーズ、Booker T. & MG's、ルーファス・トーマス、オーティス・レディング、アレサ・フランクリン、レス・ポール、クリーム、オールマン・ブラザーズ・バンド、レーナード・スキナード、エリック・クラプトンなど。ジャズからラテン、ポップス、R&B、ソウル、ロックとジャンルを問わずに実に多彩である。

 映画としては、1940年代からのエピソードが、トム・ダウド自身によるナビゲーションを軸に、当時の古い写真や映像と、新たに撮影された関係者のインタビュー(1996~2001年)とを交えて綴られる構成となっている。
 彼自身のエンジニア/プロデューサーとしてのスタジオでの仕事ぶりについては、古い時代のものについては、裏方だけに残念ながら映像としては残っているものが少なかったらしい。 しかし、自らの口で語られるエピソードの数々は新鮮だし、また、その語り口によって、彼のキャラクターは十分に浮き彫りにされている。抜きん出た才能は間違いないが、ある種のクセのある感じがちょっと微妙で面白い。
 彼のプロデュースぶりは、ジョー・ボナマッサのリハーサル・シーンから垣間見ることができる。トム・ダウドは、自分のカラーを前面に出すことはなく、常に、ミュージシャンの個性が最も良く引き出されるように関わったという。しかし、それは必ずしもミュージシャンの言うなりになるという姿勢ではない。また、音楽に対する好き嫌いとか感傷とかによるものでもない。この人は、音楽というものが何であるのか、実によくわかっているのだ。時にミュージシャンより上手(うわて)。しかも彼自身もそのことを知っている感じ。だから、コード・ワークにまでどんどんアドバイスしたりする。時にはミュージシャンとかなりぶつかったことが予想される。(エリック・クラプトンの回想による口ぶり…)。しかし、その結果、彼の手がけた作品の多くがヒットしたことは事実なのだから、すごい才能だ。

 トム・ダウドのもつ“音楽の抽斗”が大きいことは、関わった音楽のジャンルの広さにも現れている。何しろ、コースターズ(だったか ? )のレコーディングをこなした5時間後に、難解なジャズのレコーディングをするような人だ。本人は『あまりの音楽の違いに、思わずHELPと言ったよ』と笑うが、そのどちらのレコーディングでも満足な対応ができる人だったなんて普通ではない。音楽会社から、『トミーに任せときゃ安心』と、丸ごとの信頼が与えられたのも頷ける。

tomb.jpg そして、それらの才能を証明するように、レコーディングから30年以上経て再び、邦題タイトルともなった「いとしのレイラ」を、卓に座ってミックスしてみせるシーンは圧巻。ある瞬間に演奏された音楽を、時を越えて広く人に聴いてもらうためにレコード(あるいはCD)という媒体にまとめるにあたって、これらの“裏方”の人たちの才能がどれだけ重要なものなのかを、あらためて考えさせられる。

 また、レコーディング技術の進歩を常にどんどん取り入れていく技術者としての才能もすごい。音圧に応じてレコードの幅1インチに何本の溝を刻むか、というアナログ時代のマニピュレーション・テクニックに始まり、モノラルからステレオ、多トラック録音と編集、デジタル録音、と、優秀な技術者として、テクノロジーの進歩を楽々と吸収していった様子が印象的だった。

 いわゆる“音楽映画”としては、ライブ演奏シーンが少なく派手さには欠けるが、音楽を送り出す立場からは、色々考えさせられ、非常に勉強になる点が多い映画だった。

 もちろん、トム・ダウドは並のプロデューサーではなかったのだとは思う。いわゆる才能の人だ。
しかし、今の音楽業界、こんなにも音楽というものが何であるのかを熟知してる人がどれだけ携わってくれてるんだろうか ?

* * * * *

 挿入されている各ミュージシャンの古い演奏風景は、他ビデオなどで既出のステージ映像が多いが、中には珍しいものも。アレサ・フランクリンのレコーディング風景などは初めて見た。“彼女の良さを最大限に引き出すために” ピアノの前に座ったアレサを数人で取り囲み、あれこれブリーフィングしている(?)風景は、これまで想像していたのと全く違っていてびっくり。アレサという人がピアノを弾きながらでないとイマイチだった、という話に二度びっくり。
 また、レス・ポールの演奏風景というものは初めて見ることができて、とても興味深かった。ギターの名前の人っていうことだけは知ってたんですが。惜しむらくは、この演奏についてはもうちょっと見たかったな。
スポンサーサイト
Rhythm Country and Blues
 黒人音楽、といっても範囲は広い。黒人音楽が好き、という人と新たに出会って、相手の趣味を確かめたい場合、大きく、R&Bという言葉を聞いたときに、60年代のリズム&ブルースを思い出す人か、80年代以降のいわゆる“歌姫モノのアーランドビー”を思い出す人か、で分けることができると思う。「60年代のリズム&ブルース」と答える人ならば、ほぼ間違いなく私と趣味が合う人として、安心して話を進めることができるのだが、私にはさらにもう1つ、相手の嗜好が自分と合うのか知るための決め手(?)の質問がある。
   『カントリー・ミュージックは好きですか ? 』
 別に大好きでなくてもかまわない。しかし、私の経験では、黒人音楽好きのうち、新しいR&BやRap~Hip Hopから入った人は、ここで間違いなく顔をしかめて、『カントリー ? 好きじゃな~い。』と答えるね。つまり、こういった人たちは、ヒップでソリッドなものが好きな人たちであり、田舎くさいものは我慢できない、というタイプであり、同じ黒人音楽でも私とは好みが違うことがわかる。(ちなみに、この質問は、相手がfunkが好き、と言った場合の篩い分けにも使える。最近、クラブ・ミュージック台頭に伴い、巷で使われているファンク、グルーヴ、という言葉は、私の理解と違ってるようなので、話が混乱していつもとても困るのだ。JBとか、誰でも好きなんだもん。私は、最近のヒップ・ホップ、ファンク・ミュージックで好きなものもあるが、かといってどう考えてもBガールではないのである。)
 私自身、カントリー・ミュージックについて、そんなに詳しいわけではないが、いかにも南部らしい雰囲気が好きで、AFNラジオで時々カントリー・アワーぐらいは聴いたりするし、現にソウルの名曲にはカントリーの曲をカバーしたものがかなりあって、無視することはできない、とずっと思ってきた。今回、黒人音楽資料コレクターのblues'n curtainさんの紹介でこのビデオを観て、『やっぱり私は正しかった ! 』と、意を強くする思いである。(blues'n curtainさん、本当にありがとうございました!)

■Rhythm Country and Blues /various (1994)
country.jpg
 このビデオは、リズム&ブルースとカントリーという2つの音楽の融合(とはいえ、サウンドからみると、どちらかといえばカントリー・シンガーの方がソウル・アレンジにチャレンジしている、という感じ)、というコンセプトのもとに作られた同タイトルのCDのメイキング映像を収録したもの。全11曲が、リズム&ブルース・ミュージシャンとカントリー・ミュージシャンのデュエット(演奏共演)で構成されている。
 黒人男性の汗と白人女性の涙を合わせたジャケットデザインといい、ズラリと並んだ大物ミュージシャンの名前といい、これだけ見ると“平たい解釈で寄せ集めの企画物”ともとられかねないが、中身はどうしてどうして、音楽的にすっごく内容が濃い。どの組み合わせもすっばらしい!!!!、の一言に尽きる。私はチェット・アトキンス以外のカントリー陣は初めての人ばっかりだったが、どの人も、十分に濃い濃い。#5なんぞ、見るまではLittle Richardの相手できる人なんているの ? と思ってたけどTanya Tuckerさん、お見事です。よくもこんなにマッチするミュージシャンの組み合わせと選曲をしたものだ、とまずはプロデューサのDon Wasに拍手を送りたい。そのDon Wasは、インタビューの冒頭で、『カントリーはwhite soul musicなんだ。』と明言している。
 それに呼応するように、参加したミュージシャンも、インタビューでは口々にソウルとカントリーは同じ音楽だ、と感想を述べる。
『Soul Manの出だしのラインだって、ホーンセクションが鳴らなければ、カントリーさ。』…Sam Moore
『これ、ホントにカントリーの曲なの ? 』…録音したものを聴きながら、ご満悦のAl Green。
『肌の色は関係ないんだ。どっちも人間の感情を表す音楽だから』… Vince Gill
『カントリーのシンガーが音楽でこんな風に“感情”を表現するのを初めて聴いたわ。それはナマで、基本的なもので、誰にでも理解できるものなのよ。』
… Gladys Knight
『Blues has no color, blues has a feeling...』… Rufus Thomas(インタビューのみ登場)

 #1、#10でのリードとコーラスがバランスよく曲を作りあげる感じ、、#2、#5でお互いを刺激してどんどん興奮していく感じ、#4での2人の声の絶妙な溶け合う感じ、#3のB.B. Kingのギターが美しく寄り添う感じ…、どの組み合わせもすばらしいのだが、敢えて特に印象に残ったシーンを選ぶなら、#7,9,11。

[ #7 ]  曲の後半でSam MooreConway Twittyが雨について語り合うシーン。『俺、雨、わりと好きなんだな。』『そうなのかい ? 』『色んなこと思い出しちゃったりしてさ』『そうそう、こう、何て言うか、、ゆっくり座ってね…』『何、何 ? もっと言えよ…』なんて、ごく親しい友人がリラックスして語り合う感じ。しかもこの会話自体が美しいトーンで絡み合って音楽として成立している。この時の2人(特にSam)の表情もステキ !

[ #9 ] Al Greenは、歌い始めると同時に完全に音楽の世界に取り込まれてしまう様子がいつ見ても興味深い。こんな天才肌の人と一緒に歌うLyle Lovettもさぞ緊張しただろう。『オリジナルのウィリー・ネルソンのスタイルでは歌ってきたけど、今回違うスタイルで歌うのはすごく刺激的だった』と述べている。ボーカル・ブースに入る前のライン合わせでも、すでに歌の世界に入り込んでるAl の様子を横目で見ながら少々遠慮がちに声を合わせている。ブースに入ってからも、向かい合ってひと節歌うや『あ。間違えた。僕のライン、もう1回教えてもらえます ? 』。『いやいや、もっと大きい声で歌ってくれればいいから』なんて言ってたAl Greenも、『…え ? ライン ? こうね…』と歌い出すと、そのひと節だけで既に世界が出来上がってる。天然 ! ついでにこの曲でオルガン弾いてるのはBilly Preston。 こちらも完全に音楽の世界に嵌り込んでしまっているようで、その嬉しく興奮する気持ちも、ごもっとも。よくワカリマス。

[ #11 ] Gladys KnightVince Gillは、 もしかしたら、母と息子ぐらい年が離れてる組み合わせかもしれないが、歌ってる時、Gillは完全にGladysに恋する青年の顔になってます。Gladys の顔をちらちら見ながら、上気した顔で喜びを隠せない様子に、見ているこちらまで胸がキュンとして気持ちがあたたかくなる。


 現時点ではCD(写真右)の方が入手しやすいと思うが、できれば是非このビデオを観て、それぞれのアーティストたちの表情に現れる“音楽を共有することの喜び”を味わっていただきたい。

 見終わっての感想は一言。
合言葉は『愛』よッ ! 皆さん!!!!

[Rhythm Country and Blues ]の続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。