FC2ブログ
Lady Soul LEO web
     ディープ・ソウル・シンガーLEOの web site   
Lady Soul LEO weblog
ディープ・ソウル・シンガーLEOの音楽日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-) TOP▲ |
Alice Clark、なかなかです

●ALICE CLARK (1972/1994)

alice
 ジャケ写真みて、さぞ地の底を這うような声だすんじゃないか、と踏んで購入したが、イメージしてたのとは大分違って、声は高め。とはいえ、トーンは柔らかいので、シャウトしてもキンキンしないのは心地よい。勢いがあっていい感じ。
 第一印象は、どこかで聴いたことのある声っていうこと。可愛らしく一途系のシャウター…サザンソウルの誰かにそっくり。思い出せないのが気持ち悪い。もしや誰か変名で歌ってるんじゃないの ? と思って、情報を求めてジャケット、ライナーを見ても、クレジットがないので全く得体が知れない。さらにネットでちょっと調べたら、このアルバム、オリジナルは1972年、となっていて、良く見りゃ、帯にfree soul と書いてあるので、どうやらこのシリーズで再発掘された人らしい。free soulシリーズって、ピックアップの内容といい、クレジットのあいまいさといい、本当にいつも微妙で困りますよね。まぁ、お宝も眠ってたりするので、ありがたい、といえばありがたいわけですが。ジャズの棚にあったが、どう聞いてもソウル・アルバム。なるほどfree soulである。

 歌もよいのだが、バックがこれまたいい。このバックは、もしや !? とクレジット見るも、またしても記述なし。ただ、日本語の解説にはドラムはポール・ハンフリーじゃないかと書いてある。そうでしょう。多分。もしかしてデュプリーさんもギター弾いてると思う。そして、ベースは、ゴードン・エドワーズだよ、きっと。だってトラック5に入ってるHard Hard Promisesのベースリフは、Nina SimoneのEMERGENCY WARD !(写真右) のMy Sweet Lord に出てくるリフと全く一緒だもん。思わず爆笑してしまいました。
emergency『コラコラッ ! 手クセで弾くな~ッ ! …気持ちいいけど。』
 いやいや、よっぽどのお気に入りフレーズなんでしょうね。所謂、チャック・レイニーの真似っこリフ。Ninaさんの方は、以前、小堀さんに「多分、ゴードン・エドワーズ」と確認済みなので、おそらくこちらもこの人で決まり、かと。とにかく、このようなメンバーが揃えばできそうなサウンド、と言えば、気持ち良い感じ、想像つくでしょう ?
 このアルバムかけた途端、一気に70年代の空気になりました。さすが。

Comment
≪この記事へのコメント≫
コ メ ン トを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。