FC2ブログ
Lady Soul LEO web
     ディープ・ソウル・シンガーLEOの web site   
Lady Soul LEO weblog
ディープ・ソウル・シンガーLEOの音楽日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-) TOP▲ |
Bobby Marchan / (Shake Your) Money Maker (Cameo 429 DJ copy)
今年の忘年会でかけた曲、その2。

Bobby Marchan / (Shake Your) Money Maker (Cameo 429 DJ copy) 1963

初めて聴いたのは、多分3年前のレココン@C会場。
この会場でのレココンは、比較的、飲食しながらのおしゃべり優先(?)で進行するので、かかってることにハッと気付いたら、あっという間に終わってた。
その時は会話も弾んでいたので、意識の片隅で、『アレ?これ、エルモアの曲?・・・何か違うような・・・アレンジしてある?・・・帰ったら調べよう・・・』とだけぼんやり思いながら、DJの方に伺うこともなくそのままに。

帰宅して検索したらエルモア以外は何も出てこなかった。 シンガー名もわからん。 (>_<)
ま、こういうこともあります。
それですっかり忘れてました。

今年にはいって春ごろ、某所でElmore Jamesを聴いて、突然この曲のことを思い出しました。
試しに検索してみたら今度はヒット。
s-frogman.jpgまずは、Clarence "Frogman" Henry (Dial-4072, 1967)が数枚出てきた。
なぁーんだ、Frogman Henry だったの?、大好きよ♪と思って、さらに調べていくと、カッコ付きのタイトルながら、この Bobby Marchan が出てきた。
どうやらあの時に聴いたのは、この2人のどちらかに違いないと狙いをつけ、価格調査で色んなページを検索し直していると、Frogman Henryのレーベル写真で、この曲を書いたのが Bob Marchan となってることに気付いて、とにかく エルモアの Shake Your Moneymaker とは別曲であることがまず判明。
その時点でBobby Marchan の方はDJ copyの1枚しか出てこなかったけど、早く聴きたかったし、安かったし、ちょうど他に欲しかったものが同じ人から出品されてたので送料対策にオリジナルのこちらも買うことにして、FrogmanとBobby の2テイク をほぼ同時期にゲット。

どちらのテイクも好きなので、今回の忘年会でどちらをかけるか迷ったけど、Frogman Henry だと、あまりのイナタさに辟易する人がいるだろうという配慮と(笑)、オリジナル・シンガーであることも大切だろうと、Bobby Marchan のテイクを選択しました。

ちなみにエルモアの Shake Your Moneymaker は1961年発表、あんなに大ヒットした曲だから、Bobby Marchan も絶対に知ってたはず。アンサーソングと解説してるサイトもあったけど、それよりは、オマージュというか、パスティーシュというか・・・むしろヒット曲の有名なリックの単なるパクリ?(笑)

s-elmore.jpgElmore Jamesと言えば、押しも押されぬブルース界の巨人。
彼のホットなギターと歌が私は大好きなのだけど、ブルースの真骨頂ともいえる、いかにもエグイ内容の曲が多くて、残念ながら歌いあぐねている人。Shake Your Moneymaker なんて、言語道断ですってばっ(^-^;)。 
別曲とわかるまでは、このブルースならではのエグイ内容をR&B~ソウルの人がどうこなせるのか、という興味に意識が傾いてたんですが、

・・・なるほどね。。。(笑)

エルモアの歌う“Moneymaker”とはお金を稼ぐ元、すなわち、あの時代にヤクザなブルースマンが女の子に歌いかける文脈からみて“お尻”のことでしょう。もしかしたら“胸”かもしれないけど、他の単語を繋ぎ合わせると、多分お尻が正解。ブルースの曲って時に本能むき出しで、そこをホットかつクールに演ることが美学みたいなところが多いのだけど、ソウルにはそんな直截的な表現はあり得ない。そこらへんは真綿にくるんで、思わせぶりな雰囲気でやんわり持っていくっていうところだと思っている。

s-shake.jpgBobbyったら、おいしいリフだけもらっちゃって、そこはうまいことすり替えましたよ(笑)
'60sダンス・チューンによくあるタイプの「オレが歌えば(踊れば)街中が大騒ぎだぜ。これから皆にも新しいダンスを教えてやろう」みたいな話にして、そのオレ様の得意技がタンバリンだっていうわけ。要は、タンバリン1丁あればお金稼ぎまくりだぜ、という意味で、さあ皆も一緒にタンバリン振ってみよう、Shake Your Money Maker、と歌いながらタンバリン鳴らしまくるアレンジにしてある。わっはっはーー。大爆笑。うまいッ。座布団10枚っ!(^-^)v
ちなみにFrogmanはさすがにタンバリンの名手とは名乗り難たかったらしく、音は入ってるけど歌詞ではそこらへん省いてあります(爆)。


この曲についてはさらに後日談があって、忘年会が近づくにつれて、選んだレコードやシンガーについてやっぱり何か説明しなくちゃなんないのかな、と思って遅ればせながら直前に Bobby Marchan について調べてみたら、何とまさに今年コンピCDが出たばかりで、中に、Shake Your Tambourineという曲が。(@◇@)!!!
さては、柳の下のどじょうを狙って、タンバリン・シリーズの曲でも出してるのかと思って、一部分だけアップされてるサンプルをチョト試聴してみたら、キーが高くてテンポも少し速くなってるけど、まさにズバリこの曲のことみたい(爆)。
わはは、もしかして、宣伝用のDJ copy出してからマズイことになったのか、それともタンバリンをタイトルに打ち出した方がダンス・チューンとして売れると思ったか、正規盤ではタイトル変えちゃったのね。。。。(*^ワ^*)

ところで、知らなかったとはいえ、20曲以上入ってて1曲あたりは割安なコンピCDの方を買ってたら良かったかって?
いえいえ。Shake Your Tambourineというタイトルならわざわざ買うに至るまでのご縁はなかったでしょう(笑)。私的には、あくまでShake Your Money Makerだったからこそ価値があったわけで。
しかも、コンピCDに入ってるほかの曲について部分サンプルだけにせよ試聴してみたたけでも、この人、これ以外にも他の人の有名曲をタイトルと歌詞をチョロッとだけ変えてパクってるらしき気配。常習犯か。Rockin' Pneumonia and Boogaloo Flu、って、アンタ・・・・・嘉門 達夫?(e_e)

Comment
≪この記事へのコメント≫
コ メ ン トを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。